蒸溜所特集

スポンサーリンク
スコッチ

ノッカンドゥ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ノッカンドゥ蒸溜所の特徴 ・世界で2番目の売り上げを記録しているブレンデッドウイスキーJ&Bに使用されている。・フルーティーな香り・味が特徴・生産量の10%しかシングルモルトとして販売しておらず、残りはJ&Bやスペイロイヤルなどのブレンデ...
2021.04.08
スコッチ

トミントール蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

トミントール蒸溜所の特徴 ・トミントールはスコットランドで最も標高の高い村にある。・ホワイト&マッカイのキーモルト。・トミントールのヘビーピートウイスキー、「バランテュラン」はフェノール値55ppmのモルトを使用している。・年間生...
2021.04.08
スコッチ

リンクウッド蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

アラン蒸溜所の特徴 ・ほとんどがブレンデッド用に使われるため、シングルモルトとして販売されるものは少量。・ジョニーウォーカーやホワイトホースなどのディアジオ社のブレンデッド以外にも多数のブレンダーに原酒を販売している。・年間生産量350万...
2021.04.08
スコッチ

アラン蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

アラン蒸溜所の特徴 ・150年ぶりにできたアラン島の蒸溜所・アラン島はスペイサイドやハイランドに比べ暖かい気候のため、熟成が早く進む。・コンチェルト大麦を使用している。・個人投資家が樽を購入することができる。 アラン蒸溜所はどこに...
2021.04.08
スコッチ

アバフェルディ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

アバフェルディ蒸溜所の特徴 ・デュワーズのキーモルトとして使用されている。・ブレンデッドウイスキーで成功したデュワー家が建てた、唯一のスコッチウイスキー蒸溜所。・ピティリー川という砂金を含んでいる、とても良質な川から仕込み水をひいている。...
2021.04.08
スコッチ

グレンマレイ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

グレンマレイ蒸溜所の特徴 ・年間生産量約230万リットル、ポットスチルは合計9基とスペイサイドでは大規模・シャルドネやシュナンブランといった珍しい多種多様な樽を使用している・基本的にノンピートのモルトを使用、2009年以降実験的にピートモ...
2021.04.08
スコッチ

ベンロマック蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ベンロマック蒸溜所の特徴 ・年間生産量約15万リットルとスペイサイドでは最小規模・経営難が続いたが、1997年に復活し、現在は良好な状態で運営されている・ミディアムピートのモルトを使用・2種類の酵母を使用することで、複雑な香りをつくりだし...
2021.04.08
スコッチ

ジュラ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ジュラ蒸溜所はどこにあるの? ジュラ蒸溜所は、スコットランドのジュラ島にあります。ジュラ島では唯一の蒸溜所です。ジュラ島はウイスキーの聖地ともいわれるアイラ島のすぐ隣にあり、昔からウイスキーの密造が行われていたようで、1502年には...
2021.04.08
スコッチ

モートラック蒸溜所特集!製法・歴史・種類を徹底解説!

モートラック蒸溜所はどこにあるの? モートラック蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のダフタウンにあります。スペイサイド地方は大麦の生産地であり、燃料となる泥炭(ピート)も豊富であるため、ウイスキー造りに最適な土...
2021.02.24
スコッチ

クラガンモア蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

クラガンモア蒸溜所はどこにあるの? クラガンモア蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のバリンダロッホにあります。スペイサイド地方は大麦の生産地であり、燃料となる泥炭(ピート)も豊富であるため、ウイスキー造りに最適...
2021.04.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました