蒸溜所特集

 

スポンサーリンク
ジャパニーズ

日本のウイスキー蒸溜所一覧【全47蒸留所】場所や製法の特徴などのまとめ!

現在日本で稼働している、または稼働予定のウイスキー蒸溜所をリストアップして、各蒸溜所の特徴をまとめました。情報は特に象徴的なものをピックアップしたので、興味のある蒸溜所があればぜひご自身で調べたり、行ってみたり、飲んでみて下さい! ...
2022.01.05
蒸溜所特集

【スコットランド】全130モルトウイスキー蒸留所、設立年度順一覧!

スコットランドで最も古いウイスキー蒸留所はどこだろう?逆に最も新しい蒸留所はどこだろう?また、比較的新しい蒸留所とは何年以降かな?と気になったので、スコットランドで現在稼働しているモルトウイスキー蒸留所の設立年を調べてまとめました! ...
2022.04.04
蒸溜所特集

世界各国のウイスキー蒸留所一覧!合計1060蒸留所以上!

世界中にウイスキーの蒸留所っていくつあるのかな?と疑問に思い、調べられるだけ調べてみました。現在生産している蒸留所から、生産予定を発表している蒸留所も含めています。 結果は以下のようになりました。 スコットランド…139蒸留所...
2022.02.02
スコッチ

バルヴェ二ー蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

バルヴェニー蒸溜所の特徴 ・滑らかで蜂蜜のような特徴と、シェリーのスパイシーな香りが特徴的。・モンキーショルダーに使用されている・独自にフロアモルティングを行っている数少ない蒸溜所。・ポットスチルは合計11基、年間生産量560万リットルと...
2021.04.08
スコッチ

フェッターケアン蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

フェッターケアン蒸溜所の特徴 ・スコットランドで認可された最古の蒸溜所のうちの一つ。(2番目だと言われている)・ノンピートのモルトを使用している。・スピリットスチルの外側に水を流し冷却を行うことで、軽い成分を多くしている。・年間生産量16...
2022.01.18
スコッチ

グレンゴイン蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

グレンゴイン蒸溜所の特徴 ・ハイランド地方で最南端の蒸溜所。・スコットランドの人口最大の都市であるグラスゴー近郊に建てられた。・ノンピートの大麦麦芽を使用いている。・英国一、ゆっくりと蒸溜を行うことで、甘く滑らかな香味を生み出している。 ...
2021.04.08
スコッチ

ベンネヴィス蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ベンネヴィス蒸溜所の特徴 ・現在(2021/3月)日本のニッカウヰスキーが蒸溜所を所有している。・ロング・ジョンなどのブレンデッドに使用されていた。・スコットランド最高峰のベンネヴィス山のふもとに建設された。 ベンネヴィス蒸溜所は...
2021.04.08
スコッチ

タリバーディン蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

タリバーディン蒸溜所の特徴 ・フローラル、フルーティ、クリーミーな香味が特徴的。・蒸溜所の歴史は、1488年のビール醸造所の時代から続いている。・糖化後のドラフト(搾りかす)はエナジープラントへと売却され、天然ガスの生産に利用される。・発...
2021.04.08
スコッチ

カーデュ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

カーデュ蒸溜所の特徴 ・非常に滑らかでシルキーな味が特徴。・生産のほとんどがジョニーウォーカーなどのブレンデッドウイスキーに使用されている。・発酵時間が75時間とかなり長く、これによりフルーティなウイスキーになる。・樽のほとんどは、蒸溜所...
2021.04.08
スコッチ

タムデュー蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

タムデュー蒸溜所の特徴 ・非常に穏やかで滑らかでわずかに油っぽいスペイサイドウイスキー。・シェリー樽での熟成にこだわっている。・生産のほとんどがフェイマスグラウス、J&B、カティサークなどのブレンデッドウイスキーに使用されるため、シングル...
2021.04.08
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました