【お酒初心者向け】ウイスキーのラベルの読み方・意味

雑談

ウイスキーを買いたいけど、何を選んだらいいかわからない。
初めて見るウイスキーがどんなウイスキーなのかわからない。
そんな方向けに、ウイスキーのラベルにどんな情報が書いてあるのかその読み方と意味を紹介します!

スポンサーリンク

ラベルに書いてある基本的な情報

シングルモルト

ブランド/商品名

一番目立っている文字が基本的にブランド名や商品名を表しています。今回は「ArdbeG(アードベッグ)」です。今回のように文字が装飾されていることが多く、個性的なのが特徴です。

ウイスキーのタイプ

ウイスキーのタイプには「シングルモルト」「ブレンデッドモルト」「ブレンデッド」「シングルカスク」「カスクストレングス」などのタイプがあり、どのタイプのウイスキーなのかという情報が書かれていることがほとんどです。それぞれのタイプの意味は

シングルモルト…単一の蒸溜所で生産された原酒を混ぜて作った、原料が大麦100%のウイスキー
ブレンデッドモルト…複数の蒸溜所で生産された原酒を混ぜて作った、原料が大麦100%のウイスキー
ブレンデッド…原料に大麦以外の穀物(グレーン)を使用しているウイスキー
シングルカスク…一つの樽からそのまま瓶詰めしたウイスキー。原酒どうしを混ぜていない。
カスクストレングス…加水をしていないウイスキー

これらのタイプは「シングルモルト」と「カスクストレングス」が同時に表記される事もあります。

今回の場合「Single Malt(シングルモルト)」と表記があるので、単一の蒸溜所で生産された原酒しか使っていないことがわかります。

熟成年数

ほとんどの場合熟成年数が表記されています。熟成年数の意味は、最低でもその年数熟成した原酒しか使用していない、という意味です。今回の場合は「TEN year old(10年)」と表記があるので10年以上熟成した原酒しか使用していないことがわかります。

熟成年数が表記されていない場合は比較的熟成年数の短いものを使用していることが多いです。スコットランドやアイルランドでは最低でも3年以上熟成したものしかウイスキーに使用できないという法律がありますが、日本には最低熟成年数の規定がありませんので、注意が必要です。

アルコール度数

お酒にはすべて、アルコール度数が表記されています。その単位は「alc/vol」だったり「%」であったりしますが、どちらも同じ意味です。アメリカではこれらの単位と同時に「proof」という単位でも表記していますが、これは%の数値を倍にしたアメリカ特有の表記方法です。

今回の場合は「46% vol」と表記があるので、アルコール度数46%のお酒であることがわかります。

容量

ウイスキーは一般的には700mlで瓶詰めされるのですが、中には300mlであったり1000mlであったりします。そのため、すべてのボトルに容量が表記されています。単位は「ml」や「cl」が使われることがほとんどです。

今回の場合「70cl」と表記があり、10ml=1clですので容量は700mlである事がわかります。

産地

ウイスキーは生産した国などがわかるようにラベルに表記されることがほとんどです。

「Scotch」ならスコ ットランド
「Irish」ならアイルランド
「Japanese」なら日本
「American/Bourbon/tennessee」ならアメリカ

などと、表記でどこ産のウイスキーなのかがわかります。

今回の場合は「Scotch」とありますので、スコットランド産である事がわかります。

冷却濾過なし

ウイスキーは低い温度になると、溶けていた物質が析出して曇ることがあります。これを避けるために「Chill filtered(冷却濾過)」を行うのですが、冷却濾過を行うとわずかに香味が低減すると考えられています。

そのため、冷却濾過を行っていないと表記することがあります。冷却濾過を行っている場合わざわざそのことを表記することはありませんが、表示がないからといって冷却濾過を行っていない、という意味ではありません。

今回の場合は「Non Chill filtered」と表記があるので、冷却濾過を行っていないことがわかります。

また、冷却濾過について詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

ブレンデッドウイスキーの例

以下にブレンデッドウイスキーの場合の例を示します。

ブレンデッドモルト

これは

「Big Peatという名前のブレンデッドウイスキーで、アルコール度数46%、容量700ml、スコットランド産のウイスキーで冷却濾過はしていない」という事がわかります。また、熟成年数の表記がないので比較的若い原酒を使用しているだろうと考えられます。

バーボンの例

以下にバーボンの場合の例を示します。

バーボン

これは

「ワイルドターキーというアメリカ産のウイスキーで、度数40.5%」ということがわかります。また、アメリカなので40.5%以外に、その倍の値「81proof」と表記があるのが特徴です。

また、少し専門的になるのですがBOURBONの上に「straight」と表記があります。アメリカの法律で2年以上熟成しているものだけが「Straight Bourbon」と表記できるので、このウイスキーは2年以上熟成させていることがわかります。

スポンサーリンク

終わりに

以上、基本的なウイスキーのラベルの読み方とその意味を解説しました。

今回紹介した以外にも様々な情報が表記されていることがあるので、ぜひ酒屋などに行った際、色々なラベルを見比べてみてください!
蒸溜所ごとに個性があって面白いですよ!

この記事がウイスキー選びの際に役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました