ウォーターフォード蒸留所のドイツ限定品「Waterford Tinnashrule 1.1」がリリース!

News
出典:kirschwhisky.de

ウォーターフォード蒸留所は2015年にアイルランドに設立された比較的新しい蒸留所です。この蒸留所は原料である大麦の生産地の違いが、出来上がるウイスキーに影響を与えているという考え、いわゆる「テロワール」という考え方をウイスキーづくりに適用している革新的な蒸留所です。

日本語で情報を発信しているウォーターフォード蒸留所のTwitterアカウントがあるので以下にリンクを貼っておきます。新商品やウイスキーづくり、日々の研究成果などについてつぶやいているので、ウイスキーの「つくり」に興味のある方はぜひフォローしてみてはいかがでしょうか。

ウォーターフォード蒸留所Twitterアカウント

スポンサーリンク

Waterford Tinnashrule 1.1

ウォーターフォード蒸留所は、世界各国で販売されている「Waterford Lakefield 」と「Waterford Hook Head 」の2商品とは別に、イギリス、フランス、ベルギー、オランダ、ドイツの5か国それぞれで特定の農場を割り当て、限定品を販売しています。

Grattansbrookはイギリス
Lackenはフランス
Mortarstownはベルギー
Wilkinstownはオランダ
Tinnashruleはドイツ

です。このなかで、ドイツ限定品の「Tinnashrule」の第一弾、バージョン1.1が販売されました。

Waterford Tinnashrule 1.1は2017年1月に蒸留され、2021年3月に瓶詰めされました。構成は以下の通りです。

ファーストフィルアメリカンオーク樽:46%
新アメリカンオーク樽:22%
シェリー(ソーテルヌ)天然甘口ワイン樽:17%
赤ワイン(マルゴー)フレンチオーク樽:15%

アルコール度数は50%で、冷却濾過および着色は行っていません。

テイスティングコメント:

香りコク、蜂蜜のような甘い香り。 熟したプラムの香りが、ミントを詰めたモルトとダークチョコレートと重なる。 アニスとローズウォーターのタッチが響き渡り、香水を思い出させる。 キャンディーと革のニュアンスもあり、暖かくて柔らかい。
クローブスパイスと白胡椒で強烈にスパイシー。 シャンパン、ほろ苦いグレープフルーツ、さらにダークチョコレートのような香りもある。 生姜とわさびの間のような、ある種の新鮮な辛さが残っている。 ドライなウイスキー。
余韻オイリーさとスパイスのドライ感が長く続く。
テイスティングコメントはこちらのドイツの通販サイトを翻訳しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました