アラン蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

スコッチ
アラン蒸溜所の特徴

・150年ぶりにできたアラン島の蒸溜所
・アラン島はスペイサイドやハイランドに比べ暖かい気候のため、熟成が早く進む。
・コンチェルト大麦を使用している。

個人投資家が樽を購入することができる。

スポンサーリンク

アラン蒸溜所はどこにあるの?

アラン蒸溜所は、スコットランドの南西にあるアラン島のロックランザという村にあります。ロックランザは人口200人ほどの村で、スコットランド全土でも最も純粋な水があるのが特徴です。

また、アラン島の年間平均気温は以下のグラフのとおりで、ハイランドやスペイサイドといった他のスコットランドの地域に比べ、暖かい気候です。このため、比較的熟成は早く進むのが特徴です。

データ元:NOAA
スポンサーリンク

アラン蒸溜所の歴史について教えて!

アラン島にはかつて50を超える蒸溜所がありましたが、そのほとんどは違法な蒸溜所でした。最初に合法的に設立されたのは「ラグ蒸溜所」でしたが、1837年に閉鎖してしまいました。

1994年、アラン島に蒸留所を建設することを目的として、シーバスの元ディレクターであるハロルドカリーによってアラン蒸留所が設立され、翌年の1995年8月17日にオープンしました。これは、約150年ぶりにアラン島に新設された蒸溜所になります。

2016年に、アラン蒸溜所の姉妹蒸溜所としてラグ蒸溜所を建設する計画が承認されました。2019年には生産を開始し、アラン蒸溜所とのブレンデッドウイスキーが販売される予定です。

スポンサーリンク

製法の特徴は?

原料について

出典:arranwhisky.com

アラン蒸溜所では、近年開発されたconcerto barley(コンチェルト大麦)を使用しています。

大麦に含まれるデンプンを糖に分解するために、発芽させて糖化酵素を活性化させます。これにより出来あがった大麦麦芽はモルトと呼ばれます。
その後、モルトは乾燥されると次の粉砕の工程へうつります。

粉砕機について

出典:whisky.com

モルトから糖分を取り出しやすいように、粉砕を行います。

アラン蒸溜所では週に14回、2.5トンづつ粉砕を行っています。
また、粉砕された大麦はグリストと呼ばれ、次の糖化の工程へ移ります

糖化について

出典:whisky.com

グリストは糖化槽(マッシュ・タン)へ運ばれ、加熱された水と混ぜられます。アラン蒸溜所では蒸溜所のそばにあるDavie湖の水を使用しています。温度の高い水と混ぜることで、糖分とデンプンを溶出させ、このとき大麦由来の酵素の力を使ってデンプンを糖に分解します。

これにより麦汁と呼ばれる甘い液体が回収されます。
麦汁は次の発酵の工程へと移ります。

発酵について

出典:whisky.com

麦汁は発酵槽(ウォッシュバック)に運ばれると、酵母を添加され発酵が開始します。

アラン蒸溜所ではの木製の発酵槽を使用しています。
数時間かけて発酵を行うことで、酵母が糖をエタノールに変換し、その過程で様々な香味成分を生産してくれます。

発酵が終わると、ウォッシュと呼ばれるアルコール度数約8%のビールに似た液体になります。

蒸溜について

出典:whisky.com

アラン蒸溜所は2回蒸溜を採用しており、初溜用のウォッシュスチル(容量7100リットル)が1基と、再溜用のスピリットスチル(容量4300リットル)が1基の合計2基のポットスチルを使用しています。

ウォッシュはまずウォッシュバックに移され、最初の蒸溜が行われます。これによって得られる蒸溜液はローワインと呼ばれるアルコール度数約23%の無色透明な液体になります。

次にローワインはスピリットスチルへ運ばれ、2度目の蒸溜が行われます。この時回収される蒸溜液はミドルカットとよばれる方法で回収されます。蒸溜の最初の部分と最後の部分はカットされ、その間のハートと呼ばれる熟成に適した中間部分のみが回収されます。

再溜後に回収された蒸溜液はニューメイクまたはニューポットと呼ばれるアルコール度数約68%の液体になります。

樽詰めと熟成について

出典:whisky.com

ニューメイクは樽に詰められると、熟成庫へと運ばれます。

アラン蒸溜所ではシェリー樽を中心に、バーボン樽やワイン樽なども熟成に使用しています。
熟成が進むと、ほとんどの場合は46%に加水されてから瓶詰されます。

このとき、ウイスキーが濁らないように冷却濾過を行う蒸溜所もあるのですが、アラン蒸溜所はウイスキーの微妙な香りの一部が失われてしまうと考え、一切の冷却濾過を行わないことにこだわりを持っています。

おすすめ動画

以下にアラン蒸溜所の紹介をしている、おすすめの動画を貼っておきます。
動画の内容は英語なのですが、ここまでの記事を読まれた方なら英語が苦手な方でも十分楽しめる内容になっていると思います。なかなか行くことが難しいアラン蒸留所の疑似工場見学体験を楽しんでいただけたら幸いです。

おすすめ動画:Whisky Distillery Tour: Arran(YouTube)

スポンサーリンク

アラン蒸溜所はどんなウイスキーを出しているの?

以下、紹介文・テイスティングノートなどはアラン蒸溜所のホームぺージより翻訳しています。

アラン 10年

クラシックなアラン10年シングルモルトは、私たちが故郷と呼ぶ美しい島の独特の味を網羅しており、スコットランドが提供する最高のシングルモルトウイスキーの1つです。

テイスティングノート:

香り甘美な柑橘系の果物
豊かなバニラの甘さの最初のラッシュは、柔らかくて甘い舌ざわりにスパイシーなエッジを加えるシナモンのタッチに取って代わられます。 クラシックなアランの柑橘系の香りは熟成とともに丸みを帯びており、甘いオークを背景に新しい深みのあるキャラクターを示しています。
余韻甘さ、リンゴ、柑橘類、シナモン。

アラン バレルリザーブ

43%で瓶詰めされたバレルリザーブは、私たちの蒸留所の特徴である、美味しくて甘いフルーツノートを強調しています。 真新しいバレルリザーブは、フレッシュで軽く、エレガントなノンエイジ(熟成年数の表記のない)のシングルモルトスコッチウイスキーです。 バーボン樽で100%熟成されており、氷と一緒に、またはカクテルでお召し上がりいただける、あらゆる機会に欠かせないウイスキーです。

テイスティングノート:

香り繊細なリンゴと梨
美しくバランスの取れた柑橘系の果物と軽いバニラの甘さ、リンゴのバーストと繊細な海の香り。
余韻甘さ、スパイス、焦げたオーク、柑橘類、バニラ。

アラン クォーターカスク ザ・ボシー

アランクォーターカスクは、複雑でリッチで非常にフルーティーなシングルモルトであり、カスクストレングス(樽出しそのままで、加水をしていない)、私たちのシェリーカスクシングルモルトとして完璧です。

このカスクストレングスの表現のために選択されたアランシングルモルトは、最初に元バーボン樽で7年間熟成された後、二次熟成のために、同じく最高級のアメリカンオークで作られた4分の1サイズのクォーター樽にさらに2年間移されました。ウイスキーを小さな樽に移して最後の2年間熟成させる工程により、ウイスキーとオークの接触がはるかに大きくなり、より速く、より激しく熟成します。

最終的に、豊かなバニラの甘さと大胆なペッパーのようなスパイスに満ちた力と繊細さを組み合わせたアランシングルモルトのフルボディが表現されます。冷却濾過やいかなる種類の人工着色もせずに自然な状態で瓶詰めする、最も純粋な形になります。小さな樽は、島内での取り扱いや輸送が簡単だったため、18世紀と19世紀のアランウイスキー貿易の特徴でした。愛されているクォーターカスクで、この伝統を誇らしげに復活させます。

テイスティングノート:

香りリンゴタルト、パイナップルブリオッシュ
アランの柑橘系の特徴があなたを歓迎し、シナモンとバニラの甘いスパイスが思い出に残る一杯を約束します。
余韻甘さ、はちみつ、パイナップル、バニラ、ココナッツ。

アラン シェリーカスク

アランシェリーカスクは、ボディと複雑さをたっぷり使ったシングルモルトを楽しむ人に最適です。

ウイスキー業界で入手可能な最高級の樽で熟成された、このカスクストレングスの100%シェリー樽熟成シングルモルトは、贅沢でエレガントで、豊かな甘いスパイスとオークの層があります。私たちのマスターディスティラーは、スペインのヘレスで最も有名なシェリーボデガスの生産者と協力して、私たちの貴重な原酒を熟成させる、最高品質の樽のみを選択しました。

このウイスキーは、ほとんどシェリー樽で熟成されていた初期のアランシングルモルトのスタイルへの回帰です。

テイスティングノート:

香りタフィー、甘いスパイスとフルーツ
熟したイチジクとサクランボ
余韻ダークチョコレート、みかん、熟したイチジク。

アラン 18年

アラン18年は、シングルモルトの定番シリーズで最も人気のあるウイスキーの1つです。

アラン18年は、アランシングルモルトの見事にバランスの取れた表現であり、私たちの蒸留所の驚異的な深みを示しています。トーストしたオークの背景にキャラメリゼした柑橘類とトロピカルな香りが、魅力と個性を備えた、強烈で丸みのある一杯を生み出しました。 最高級の熟成シェリー樽を贅沢にミックスした、この完全に成熟したアランシングルモルトは格別です。

テイスティングノート:

香りシロップとトーストしたオークの果樹園の果物
キャラメリゼしたオレンジ、ダークチョコレート、焼き桃
余韻甘さ、スパイス、柑橘類、焼き桃。

アラン 21年

アラン21年は、これまでのアランシングルモルトの中で最も古いです。

これはまさにアランシングルモルトの王冠の宝石であり、私たちの蒸留所いある最も古いシェリー樽で100%成熟しています。この貴重な液体は、細部にまで細心の注意を払って美しいギフトボックスに入れられ、この特別なウイスキーの所有者が一杯を楽しむたびに本物の御馳走を保証します。

『このウイスキーは本当に素晴らしいです。香りはすぐにおいしい甘いシェリーの香りを示し、味わいはエレガンスと繊細さを持っています。最初の一口はアランの特徴に忠実であり続けます-豊富な新鮮な果物と甘いスパイス。このシングルモルトは、これまでで最も古いウイスキーの1つとして定番に加わったことを誇りに思います。 』–James MacTaggart、生産および運用担当ディレクター。

テイスティングノート:

香り甘いスパイスとヘーゼルナッツ
生姜とダークチョコレート
余韻甘さ、スパイス、ビターオレンジ、シトラス、ダークチョコレート、満足感。

ロバート バーンズ

世界ロバートバーンズ連盟によって承認された公式のアランウイスキー。このフレッシュなシングルモルトは、優しい香りと黄金色が特徴で、食事と一緒に飲むのに最適です。

私たちのロバートバーンズシングルモルトのドラムは、それ自体で、ロングドリンクで、または水と氷で、さまざまな方法で楽しむことができます。

テイスティングノート:

香り黄金の日差し
はちみつ、タフィーをかけたピーカンナッツ、新鮮な夏のフルーツの香りが入った甘くてクリーミーな味わい
余韻甘さ、蜂蜜、リンゴ、柑橘類、クリーミー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました