2021-02

スポンサーリンク
記録ノート

【雑記2】ブログ運営、一日一記事を2ヶ月行ってみて

2021年の1月1日から投稿を開始して、毎日何かしらの記事を投稿し続けているのですが、今回は2か月続けた節目として、色々感じたことや思ったことなどを雑記的に書こう思います。毎月末の恒例にしていこうと持っています。 この記事は「ウイス...
スコッチ

ベンロマック蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ベンロマック蒸溜所の特徴 ・年間生産量約15万リットルとスペイサイドでは最小規模・経営難が続いたが、1997年に復活し、現在は良好な状態で運営されている・ミディアムピートのモルトを使用・2種類の酵母を使用することで、複雑な香りをつくりだし...
スコッチ

ジュラ蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

ジュラ蒸溜所はどこにあるの? ジュラ蒸溜所は、スコットランドのジュラ島にあります。ジュラ島では唯一の蒸溜所です。ジュラ島はウイスキーの聖地ともいわれるアイラ島のすぐ隣にあり、昔からウイスキーの密造が行われていたようで、1502年には...
記録ノート

whisky(ウイスキー)の名前の由来は「命の水」!

whisky(ウイスキー)の語源は所説あるのですがそのうちの一つ、「命の水」が語源ではないかという話を紹介します。 蒸留酒を意味するラテン語で "aqua vitae(アクア・ヴィッテ)"というものがあります。 "aqua"が...
ウイスキーの科学

チルフィルタード(Chillfiltered)/冷却濾過がウイスキーに与える影響

ウイスキーのラベルをよく見ると、「Non-Chillfiltered」や「Chillfiltered」と書かれています。これは「Non-Chillfiltered」が冷却濾過をしていない、「Chillfiltered」がしているという意味...
スコッチ

モートラック蒸溜所特集!製法・歴史・種類を徹底解説!

モートラック蒸溜所はどこにあるの? モートラック蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のダフタウンにあります。スペイサイド地方は大麦の生産地であり、燃料となる泥炭(ピート)も豊富であるため、ウイスキー造りに最適な土...
スコッチ

クラガンモア蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

クラガンモア蒸溜所はどこにあるの? クラガンモア蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のバリンダロッホにあります。スペイサイド地方は大麦の生産地であり、燃料となる泥炭(ピート)も豊富であるため、ウイスキー造りに最適...
スコッチ

グレンファークラス蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!

グレンファークラス蒸溜所はどこにあるの? グレンファークラス蒸溜所は、スコットランドの北東に位置するスペイサイド地方のダフタウンにあります。 『Glenfarclas(グレンファークラス)』はゲール語で『緑の草の生い茂...
ウイスキーの科学

ウイスキーは瓶内熟成するのか、しないのか

このメディアでは、度々「ウイスキーのような蒸溜酒は基本的には瓶内熟成をしない」と書いてきましたが、SNSなどでは 「時間経過で印象が良くなった」「開栓後、半年ぐらいが一番おいしい」 などの印象を持つ人がいます。 今回は、...
ウイスキーの科学

アルコール(エタノール)と味覚の関係

味覚には、生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つがあると言われています。基本的にアルコールの味は5つのうちどれにも分類されないように思いますが、実はアルコールは味覚にかなりの影響を与えています。 今回はアルコールがどのよ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました