ウイスキーに賞味期限・消費期限はあるの?

記録ノート

この記事では、ウイスキーに賞味期限・消費期限はあるのかどうかについて解説します。

スポンサーリンク

賞味期限・消費期限とは

賞味期限とは、

「賞味期限」とは、定められた方法により保存した場合において、期待されるすべての品質の保持が十分に可能であると認められる期限を示す年月日のことです。ただし、当該期限を超えた場合であっても、これらの品質が保持されていることがあります。このため、「賞味期限」を過ぎた食品であっても、必ずしもすぐに食べられなくなるわけではありませんので、それぞれの食品が食べられるかどうかについては、消費者が個別に判断する必要があります。

『加工食品の表示に関する共通Q&A』消費者庁食品表示課

また、消費期限は

「消費期限」とは、定められた方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質(状態)の劣化に伴い安全性を欠くこととなるおそれがないと認められる期限を示す年月日のことで、開封前の状態で定められた方法により保存すれば食品衛生上の問題が生じないと認められるものです。このため、「消費期限」を過ぎた食品は食べないようにしてください。

『加工食品の表示に関する共通Q&A』消費者庁食品表示課

簡単に言い換えると、賞味期限は「美味しく食べられる期限」で、消費期限は「安全に食べられる期限」ということですね。

次に本題のウイスキーに賞味期限・消費期限はあるのかについて解説します。

ウイスキーには賞味期限・消費期限はない

結論を言うと、ウイスキーに賞味期限・消費期限はありません。これは品質の劣化が極めて少ないと認められているからです。ウイスキーの他にも、食塩やデン粉、砂糖、アイス、うま味調味料、氷なども賞味期限・消費期限がありません。

何年間という長い間経過しても品質の劣化が少ないものは賞味期限・消費期限は表示しなくていいというルールがあるそうです。しかし、ウイスキー好きの方ならご存じのことかと思いますが、保存方法を誤ると、ウイスキーも香味が変化し劣化することがあります。

以下の記事で適切な保存方法を紹介しているので興味のある方は、ぜひ読んでみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました