ラフロイグから10年と25年のカスクストレングスがリリース!【2021年版】

News

ラフロイグ蒸溜所から、2021年度版のカスクストレングスのリリースが発表されました。今年は『ラフロイグ10年』と『ラフロイグ25年』のカスクストレングスがリリースされます。

スポンサーリンク

ラフロイグ カスクストレングス 2021

出典:laphroaig.com

こちらのボトルはどちらも、樽熟成にはバーボン樽のみを使用しており、冷却濾過はされていません。アルコール度数は『ラフロイグ10年』が57.9%『ラフロイグ25年』が51.9%です。

・ラフロイグ10年 Batch 13/2021のテイスティングノート

:黄褐色
香り:甘いシリアル、ペストリー、フレッシュオーク、スギのスモーク、マヌカハニー、パイプタバコ、古い革、キャンドルワックス、バニラクリーム、ナツメグ。
:焦げた樽、直火で焼いたマシュマロ、タフィー、海塩、バニラ、キャラメルワッフルのような甘くてスパイシーな味わい。白コショウと挽いたシナモン、焙煎コーヒー。
余韻:フローラル、スパイシーなタンニン、ヨウ素、海塩。

・ラフロイグ25年 Batch 2021のテイスティングノート

:ディープゴールド。
香り:甘い香り、蜂蜜と洋ナシ、花。チューインガムと強いタイムの香り、ポプリとゼラニウム、軽いクローブと白コショウ、フレッシュな泥炭。レモンの香り、海藻などが複雑な香りを完成させる。
:甘く、ヘザーハニーとライトウッドスモーク、ライム、塩、ヨウ素、黒コショウ、マリネ、スパイスの香りがします。クローブ、クレメンタインの皮、薬品臭。
余韻:ドライ、春の花の香り、微かに海塩。

あなたにおすすめのウイスキー↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました