バッファロートレース蒸留所がケンタッキー大学と協力してオークの植林および研究を開始!

News

アメリカのケンタッキー州にあるバーボンウイスキーの蒸留所、バッファロートレース蒸留所とケンタッキー大学が協力して、ウイスキーの樽に使用されるオークの木について15年間の研究プロジェクトを行うことが発表されました。

参考:Buffalo Trace Distillery Partners with University of Kentucky on Oak Tree Planting and Research Project

スポンサーリンク

研究の概要

この研究の目的は、地域の違いがホワイトオークに与える遺伝的応答と、ホワイトオークの森を形成する技術を調査することで、アメリカンホワイトオークの長期的な持続可能性を確保することです。

まず、この研究はケンタッキー州、テネシー州、バージニア州など様々な地域からとってきた40種類のホワイトオークの苗木1066本を、バッファロートレース蒸留所の農場に植えるところから始まりました。今後2年の間に、さらに104種類以上の異なる苗木を植えることを目標にしています。

これらの植えられたホワイトオークは、ケンタッキー大学が主導する、ホワイトオークの大規模な遺伝学と樹木改良の取り組みのための情報を提供してくれます。

この取り組みは、蒸留酒産業の経済的未来と森林確保の点で大きな利点があります。また、長期的には、バッファロートレースはこのプロジェクトで植えたホワイトオークを使用して、バレル(樽)実験を行う可能性があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました