タリスカー10年のラベルが一新!ディアジオ社の持続可能な取組の一環!

News

持続可能な社会への取り組みとして、タリスカー10年のラベルが一新されました。

スポンサーリンク

タリスカー10年の新ラベル

ディアジオ社は2030年までの行動目標「Society 2030: Spirit of Progress」を発表しており、その取り組みの一つ、持続可能な社会を実現するために「タリスカー10年」のラベルを環境にやさしいものへと変更しました。

新しいパッケージでは、リサイクル性が99.8%に向上し、ボトルに使用されるプラスチック成分が86%カットされました。また重量も6%削減することで、2021年に使用される材料が28トン削減されることで、廃棄物が大幅にカットされました。

今後2030年までに、すべてのタリスカーのパッケージをリサイクル可能なものに変更する計画の第一歩が実現しました。現行のパッケージデザインが好きな人やタリスカーのコレクターの方は、変更前に1本買っておいてはいかがでしょうか。

今後のディアジオ社の取り組みも記事にしていこうと思います。

あなたにおすすめの記事↓
『ディアジオ社が開発した最も二酸化炭素排出量が少ないガラス瓶を使用したウイスキー!』
『タリスカー蒸留所特集!製法・歴史・種類の特徴を徹底解説!』

あなたにおすすめのウイスキー↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました