グレンモ―レンジに実験用の蒸溜所『ライトハウス』がオープン!

News

スコットランドのグレンモ―レンジ蒸溜所は、より美味しいウイスキーを作るための研究を目的として高さ20メートルのガラスばりの新しい蒸溜所をオープンしました。

スポンサーリンク

グレンモ―レンジ ライトハウス

新しい蒸溜所では、蒸溜器のネック部分が可変式になっており、ネックサイズの高さの変化が再現できることや、蒸気を液体に戻すコンデンサー(凝縮器)が銅やステンレス鋼に変えることができたり、精製器の使用の有無など、様々なパラメーターを変更できるようになっています。

これは、グレンモ―レンジが昔から行ってきた麦芽や酵母、樽熟成の研究をさらに強化することにつながり、ウイスキー製造のディレクターであるビル・ラムスデン博士(Dr. Bill Lumsden)率いるチームのアイデアや情熱を形にすることに役立つ研究設備となります。

あなたにおすすめのウイスキー↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました